higuchi.com blog

The means justifies the ends

珠玉 [藤本さんの醤油いくら]

イクラご飯
標津の藤本さんから特選醤油いくら(非売品)をいただきました。ありがたいことです。
筋子ではなく、産卵間近で鮭のおなかの中でほぐれた状態の卵(地元では『つぼろ』と呼ぶそうです)を、醤油だけで漬けたものなのですが、これがもう、絶品。程よいプチプチした食感と、つぶれたときに口の中に広がる上等の鶏卵の黄身にも似た濃厚なとろけるような味、そして生臭さなど微塵も感じないすっきりした後味。これぞ、究極。空前絶後。いくらの王様。神のいくら。
作り方を聞いたら、
  • いくらをほぐす
  • 常温で醤油(醤油だけ。お酒など何も入れない)に数時間つける
  • 醤油を切って合同酒精のワリッカの空き瓶に入れて冷凍する
  • 冷蔵庫で瓶ごと自然解凍して食べる
と、いたって、シンプル。
何度も自分で筋子をばらしてチャレンジしてみましたが、なかなかこの味には近づきません。筋子とつぼろの違いなのか、鮮度の違いなのか、年季の差か……。
瓶入り醤油つぼろ
そんなわけで、この藤本さんのいくらは宝物です。ありがたいことに冷凍しておけば何ヶ月でも持ちますから、ワリッカの瓶のまま冷凍庫の奥に大事にしまい込んで、少しずつ消費するのであります。
藤本さんのいくらは残念ながら非売品ですが、かなり近いものはご家庭でも作れます。上記の通り、レシピは簡単(ワリッカの瓶は入手困難かもしれないけど)。筋子を買ってきたら、迷わず醤油漬けにすることをお勧めします。

コメント

Yaginumaさんのコメント:

私も何度か挑戦したことがあります。
どうしてもあの味にならず、今ではすっかり諦めています。
藤本さんちのイクラは別物ですね。 

樋口 理さんのコメント:

いや、まったく。別物ですね。
こんなものすごいものをいただける喜びをかみしめております。
うまい、うまい。
2006/10/27 00:07

コメントを書く

関連するかもしれない記事

遷ろう味覚 [九州の醤油]

エージェンシーの人と言えば、私が勝手に師匠とお呼びしているYさん(特に名を秘す)は、かつて大手外資...

この記事を読む »

小鳥のえさ?

謎のスローフード調味料 [大麦と豆のスープ]

イタリアのお土産に面白いものをいただきました。一見、小鳥のえさにも見える、穀物の乾物が混ざって入...

この記事を読む »

釜バターうどん

讃岐のうどんはやっぱりうまい [手打十段 うどんバカ一代]

卵とバターと粗挽き黒胡椒で日本のカルボナーラだ高松にある「手打十段 うどんバカ一代」というセルフサ...

この記事を読む »

シャリアピン [さんまの刺身]

今年は秋刀魚(サンマ)が大漁だそうで、近所のスーパーでもくちばしが黄色くて、丸々と太って、目が澄...

この記事を読む »

豪快 [標津町で鮭の塩釜焼きを食す]

豪快 [標津町で鮭の塩釜焼きを食す]

Webサーバーの整理をしておりましたら、10年以上前の古い写真が出て参りまして。 たぶん2001年か...

この記事を読む »

クマジロウの落し物

Does a bear shit in the woods? [忠類川のヒグマ]

そうそう。今朝、書き忘れていました。 忠類川ではまだ若いヒグマ(通称クマジロウ、推定4歳)がう...

この記事を読む »

出刃が鯵切りに見える

いただきます [スモークサーモン]

退職して時間に余裕ができるはずだったのですが、逆にいろんな案件が舞い込んできて忙しくなってしまい...

この記事を読む »

シロザケ

北の国から [サーモンを釣りに行きました]

遅い夏休みを取って、北海道の標津(しべつ)町にある忠類(ちゅうるい)川に鮭を釣りに行きました。 ...

この記事を読む »

新バージョンで復活 [サーモン専用フライロッド]

新製品のお知らせです。 忠類川の鮭釣りを知り尽くした、標津の藤本さん(北海道スポーツフィッシン...

この記事を読む »

ぽてと園

(私への)おみやげにぜひ! [三島・若木のぽてと園]

昨日は、山形・大井沢の柳沼さんの奥様の畑から、穫れたての秘伝豆を送っていただきました。これは個人...

この記事を読む »