higuchi.com blog

The means justifies the ends

讃岐のうどんはやっぱりうまい [手打十段 うどんバカ一代]

釜バターうどん
卵とバターと粗挽き黒胡椒で日本のカルボナーラだ
高松にある「手打十段 うどんバカ一代」というセルフサービスのうどん屋さんがお気に入りです。

そんなにいろんなうどん屋さんに行ったことがあるわけじゃないので偉そうな事は言えないけれど、ここのうどんはほんとに好きです。九州生まれの私が「讃岐うどん」というジャンルのうどんがあることを知ってから、たぶん35年ぐらい経つけど、それから今まで食べてきたどの讃岐うどんと比べても麺の腰、もちもち感、味、のどごしなどなど、別格。
釜から上げて10分以上経った麺は「死んでる」から出さないという姿勢もなんだかいいし、お店の中もストイックな感じで、厨房に適度な緊張感がびりびりしてるけどぜんぜん威張ってない感じも心地よいです。

オーソドックスなぶっかけはもちろんうまい。昆布のうまみがしっかりしていていりこががいばってない上品なだしのかけうどん(ひやあつかあつあつがいい)も好み。釜玉にバター一かけと、すりごまの代わりに粗挽き黒胡椒を添えた「釜バター」にちょっと醤油を落としてかき混ぜると、もう至福。

正月三が日以外は年中無休だそうです。朝6時からやっているので、高松に用事がある人は、是非一度、朝ご飯でもお昼でも行ってみてください。

お店のルールも予習できるWebサイトはこちら

そうそう。うどんの麺ってけっこう塩分が多いので、食べ過ぎにはお気を付けて。のど渇くし、血圧上がりますよ。

コメント

やぎぬまさんのコメント:

私は麺類が嫌いで、炊き立ての白いご飯こそが主食の王道だと決めつけていました。
しかし、ある時、徳島空港に向った飛行機が高松に着陸してしまって、頭に来て食った高松空港の立ち食いうどんで、すっかり宗旨替えをしてしまいました。
あの徳島のうどん屋でさえ、東京とは全くレベルの違ううどんを食わせるんですから、高松辺りのうどんはもう別格なんでしょうね。
うどんはもちろんですが、ダシが違いますよね。
死ぬ前にもう一度でいいから、旨い讃岐うどんを食いたいものです。

樋口 理さんのコメント:

柳沼さん:
ぜひ、お遍路の旅のついでにでも……(笑)
2009/11/25 11:53

やぎぬまさんのコメント:

八十八店は回れないにしても、せめて四、五店は食い歩いて見たいものです。
ついでに、お遍路のバスツアーでもしてきましょうか。

コメントを書く

関連するかもしれない記事

なめこ、ぶなはりたけ、栗……

こんなにもってきてくださって [なめこを食う]

柳沼さんちのブログに、これ見よがしに並べられているきのこの写真を見て「いいなあ、うちにも来ないか...

この記事を読む »

MacBook Air専用封筒

できるかな [MacBook Air用マニラ封筒風インナーバッグを作ろう]

初代MacBookやThinkPadはブリーフケースやショルダーバッグにそのまま放り込んで持ち歩いていたのですが...

この記事を読む »

落花生の芽

生の落花生を植えてみた

先日、東京アクアラインを抜けて房総半島を車で走っておりましたところ、道ばたで生の落花生を売ってい...

この記事を読む »

なめこと椎茸

いただきます [きのこづくし]

朝、ジョギングから帰ってきたら山形・大井沢の柳沼さんからの荷物が届きました。 箱いっぱいの立派...

この記事を読む »

六本木咖喱飯

命名『六本木咖喱飯』——香妃園カレーもどきの作り方

バブルの頃、六本木で遅くまで飲んだときに「シメ」に食べた、香妃園(こうひえん)のポークカレー(と...

この記事を読む »

チャンチャン焼きの材料

標津で食う [ちゃんちゃん焼きの作り方]

忠類川への鮭釣りでいつも泊まっているホテル川畑には、フライの間という宴会用の部屋があって、その部...

この記事を読む »

ぽてと園

(私への)おみやげにぜひ! [三島・若木のぽてと園]

昨日は、山形・大井沢の柳沼さんの奥様の畑から、穫れたての秘伝豆を送っていただきました。これは個人...

この記事を読む »

香川では蛇口からうどんのダシが出るのです [空の駅かがわ]

昭和の時代には、蛇口から出てくる水道水を「鉄管ビール」と呼んで、水を飲んでビールを飲んだつもりに...

この記事を読む »