higuchi.com blog

The means justifies the ends

煎りぬか or 生ぬか? [新鮮なぬかの入手法]

友人が「ぬか漬けを始めたいからぬか床を分けて欲しい」と言うので、ぬか床の作り方のメモを書いているところです。いろいろ気がついたことがあったので自分用+友人用メモ。

その1、ぬかの入手について。 ぬか床の命はやっぱり「ぬか」なわけです。昔はどこの商店街だって米屋さんがあって自家精米していたので、米を手に入れるのと新鮮なぬかを手に入れるのは同じぐらいの難易度だったと思うのですが、最近は米はスーパーで袋入りを買うのが当たり前で(そういえば、日本の Costco で米がものすごくよく売れるそうですね)副産物のぬかの流通事情もずいぶん変わってしまったようで。

そんなわけで、ぬか床を作りたければ、まず米屋を探すところから。
できれば、無農薬とか低農薬の生産者から米を選んで仕入れているような、うんちくが小うるさそうな米屋さんがあればラッキー。でもいちばん大事なことは、コンスタントにそれなりの量のお米が売れていそうなお店を見つけることだと思います。量がはけていないお店だと、精米後の日が経ってしまった古いぬかが混ざっていそう。

ぬかは古くなると酸化で香りも落ちるし、雑菌や虫がついていたりして、ぬか床の手入れが大変だと思います。
ぬかの鮮度に自信があって「新鮮なぬかだから、から煎りしなくてもぬか漬けできるよ」なんてうんちくをたれてくれるようなお米屋さんが近所にあれば、今後の足しぬかの調達も安心です。

コメント

ootaharaさんのコメント:

近所の生協には精米機があります。
「玄米の持込はご遠慮ください」と書いてあるのが惜しい気がしました。
2009/11/3 08:47
Host: PPPa592.e34.eacc.dti.ne.jp - 59.157.70.87

U猫さんのコメント:

家庭用精米器の値段が安くなっているので、自宅で精米するのもいいですよ!
出来たてのぬか(?)は、香りがよくって、そのまま食べてみたくなるような素敵なもので、お店でパッケージに入って売られているものとは明らかに別物です!

・・・実は、「米ぬかが食べたくなる」という話は、誰にも言えずにいたのですが、ひぐちさんが書かれているのを見て、「そうだよ、出来たてのぬかはすごいんだよ!」とカミングアウトしてみました・・・

コメントを書く

関連するかもしれない記事

地鶏の刺身

神田でばったり [地鶏焼 市屋]

地鶏の刺身ハワイに移住(?)を企てている加部ちゃんがひさしぶりに東京に戻って来たので、みんなでお...

この記事を読む »

将来価値 [繰延税金資産と減損会計]

ひとりごとです。 いろんなカイシャの経営に携わらせていただいていると、否応なしに会計のこと...

この記事を読む »

豪快 [標津町で鮭の塩釜焼きを食す]

豪快 [標津町で鮭の塩釜焼きを食す]

Webサーバーの整理をしておりましたら、10年以上前の古い写真が出て参りまして。 たぶん2001年か...

この記事を読む »

焼きウニを2倍に増やす方法 [うに味噌レシピ]

焼きウニを2倍に増やす方法 [うに味噌レシピ]

去年の年末にご紹介した吟味堂さんのウニの貝焼きの記事へのコメントで柳沼さんが教えてくれた、焼きウ...

この記事を読む »

年が明けたら買ってね [吟味堂のウニの貝焼き]

年が明けたら買ってね [吟味堂のウニの貝焼き]

これが1個600円!まいどおなじみ、吟味堂さんから。ウニの貝焼き。 穫れたてのウニを貝殻に山盛りに...

この記事を読む »

Dyson Fluffy DC74

散らばった米粒も残さずガバッと吸う掃除機、出た [ダイソン DC74]

床に散らばった米粒とか猫砂とか、掃除機でうまく吸えないじゃないですか。 掃除機のヘッドがブル...

この記事を読む »

シャリアピン [さんまの刺身]

今年は秋刀魚(サンマ)が大漁だそうで、近所のスーパーでもくちばしが黄色くて、丸々と太って、目が澄...

この記事を読む »

雪深い黒渕

大井沢の冬 その3 [シロモチ]

雪深い黒渕部落大井沢の中の集落の一つである黒渕部落のみなさんが集まってシロモチを搗(つ)くという...

この記事を読む »

青梗菜のぬか漬け

和魂漢菜 [青梗菜のぬか漬け]

ちょっと前、とある会合で、ゲーム業界グランドスラム達成を目指して奮闘中の宮田さんと、できるシリー...

この記事を読む »

ティム・バートン監督もきっと気に入るに違いないアノ財布

ティム・バートン監督もきっと気に入るに違いないアノ財布

マニアックな消費者のアイデアをカタチにするプロジェクト「スーパーコンシューマー」の忘年会に呼んで...

この記事を読む »