higuchi.com blog

The means justifies the ends

ラテ欄がなくなる日 [コンテンツのアンバンドル]

昨夜、元ゲーム機業界の風雲おやじ(今月号の雑誌「選択」参照)で、今は音楽レコードビジネス人として平穏なサラリーマン生活(自称)をしていらっしゃる宮田師と呑んでいたときに出た話題を忘れないうちにメモ。 三題噺「ブログ、グーグル、アテンション」にも書いたとおり、一般消費者の情報消費行動のパターンが大きく変わってきています。プッシュからプルへ、決まったプログラムのパッケージから用があるコンテンツだけの“バラ売り”へ、DeterministicからStochasticへ、同期から非同期へと、まあ、送り手主導で周波数帯と時間帯の切り売りで富を得ている放送メディアには都合のよくない変化ばかりです。テレビの人たちが“放送と通信の融合”に抵抗するのも当然です。

ニュースなどのように決まった時刻、決まったチャンネルで受動的に摂取する番組は別として、そのほかのほとんどのテレビ番組は、送り手の都合によるタイムテーブルの縛りと関係なく、受け手が見たいときに見るというパターンに変化する、っていうシナリオも今までは理屈の上の話に過ぎなかったんですが、ここ数ヶ月の世の中の動きを見ていていると、急に現実味を帯びてきています。少なくとも、視聴者側のマインドはそっちにいっちゃってる気がします。

で、そうなると、ですよ、「ある日気がついたら新聞からラテ欄がなくなってるはずだ(レコード針のように)」というのがほろ酔い加減の私と宮田師の結論。
あれ?ゆうべはものすごくいいことに気がついたように思ったんだけど、書いてみるとたいしたことないな。ま、酔っ払いが盛り上がってる話題なんて、こんなもんか。

ところで、最近どこかで「最近の10代の子は、テレビ番組を番組表どおりに視聴したり、アルバムとしてまとめて供給を受ける、というふうにパッケージされたコンテンツを受け取るというスタイルがなくなっている」とかいったような内容の調査結果だかなんだかを見かけたような気がするんですが、出典がわかりません。どなたか、ご存知でしたら、教えてくださるとうれしいです。

コメント

樋口 理さんのコメント:

上の「出典」をメールで教えていただきました(とのちゃん、Thanks!)。

先日の「ブログ、グーグル、アテンション」のスライドでもちょっと触れた、米Wired誌のHawthorne Heightsというバンドについての記事の中にありました。
http://www.wired.com/wired/...

"This generation is growing up without having ever watched programmed media," says Courtney Holt, head of new media and strategic marketing at Interscope, one of the first labels to embrace MySpace. "They don't think in terms of the album, and they don't think in terms of a TV schedule. They think in terms of TiVo, P2P, AOL, and of course MySpace. We're just going to have to adapt."

日本のメディアで読んだと思い込んで、一生懸命日本語のキーワードでググっておりました。みつからないわけだ。
2005/12/15 21:16

コメントを書く

関連するかもしれない記事

ユビキタスじゃないNHKはいらない [メディアの参照容易性と普遍性]

テレビはシロートなんですが、テレビの話が続きます。今朝の朝日新聞によるとNHKの受信料制度について、...

この記事を読む »

不適切な“気違い沙汰” [コトバ狩り]

東京国際フォーラムの中庭で今日からスタートしたランチタイムの“ネオ屋台村”のことでも Blog に書こう...

この記事を読む »

ワタシはアナタの人形じゃない(誰の人形でもない) [テレビはやっぱり面白い]

最近、ほんとにテレビを見ないのだけど、後から人に聞いて面白いものを見逃していたことを知ったときは...

この記事を読む »

作っただけじゃ誰も来ないって [フィールド・オブ・ドリームズ症候群、ふたたび]

気がついたらデジタルメディアのお仕事に関わってから15年、いや、もうちょっと長いぐらいになるので...

この記事を読む »

カムイチェップ

神の魚とお立ち台 [鮭釣りのフライ]

今年も9月のアタマに北海道にサーモンを釣りに行けることになり、夜な夜な少しずつフライ(毛ばり)を用...

この記事を読む »

読んでみた [新聞メディアのこれからを収益化する5つの方法]

Mashable に "5 Ways to Monetize the Future of News Media" という記事が載っていました。訳すと「新...

この記事を読む »

いいコンテンツはページビューを生むか [Webビジネスの落とし穴]

これまでいくつかのWebビジネスに関わってきて、多くの人が陥りやすい“よくある勘違い”のパターンのよう...

この記事を読む »

瞬発力と持続力 [コンテンツのストック性]

陸上選手に短距離ランナーと長距離ランナーがいるように、オンラインメディア事業でのコンテンツにはフ...

この記事を読む »

ソフトウェアはネット事業の構成要素の一つに過ぎないのです [ネットは残酷だ]

直接話す機会がある人にはけっこう口を酸っぱくして言っていることなんだけど、思うところあって。 ...

この記事を読む »

広告の実験 [Google AdSense]

Google Adwords に掲載している広告を、他のコンテンツサイトに掲載する Google AdSense というプログラ...

この記事を読む »