higuchi.com blog

The means justifies the ends

神の魚とお立ち台 [鮭釣りのフライ]

今年も9月のアタマに北海道にサーモンを釣りに行けることになり、夜な夜な少しずつフライ(毛ばり)を用意しています(去年の様子はこちら)。
カムイチェップ
カムイチェップ
一般的なゾンカーというフライや、釣りに行く標津の忠類川オリジナルのフライであるクリオネカムイチェップというものを作っています。
クリオネは、テレビのコマーシャルなどでおなじみの天使のような形をした巻貝で、それを模したパターン。オーソドックスなフライにたとえるとウーリーバガーというフライをちょっと変形して色を変えたようなもの。
一方のカムイチェップはアラスカあたりでサーモンに使いそうなストリーマーをやや小ぶりにしたようなフライです。カムイチェップとはアイヌ語で「神の魚」という意味で、鮭(場合によってはニシン)をあがめてこう呼ぶのだそうです。美しい名前ですね。
カムイチェップ紫
紫にすると妖艶
釣り場ではフライが根がかりしてなくなってしまうことも多いため、かなり大量にフライを準備していきます。
その上、状況によって魚がよく反応する色が違ったりして、何が“当たり”になるか分からないので、同じ形のフライでも色やサイズを違えたバリエーションを各種用意したりと、いくつ作っても十分ということはありません。軍備というのは、そういうものです。
ピンクのラメ入りシェニール
ベネッキのシェニール
カムイチェップの胴体の部分にはシェニールというモールのような糸を使います。
しっぽの部分はラビットの毛皮。上のふわふわした部分はマラブー(Marabou Stork:和名アフリカハゲコウ)という鳥の羽毛を染めたものです。この素材はちょっと特殊な洋服の装飾などにも使われ、日本の服飾関係ではマラボウと表記されます。

フライのマテリアル(素材)を入れているケースの中から、いつだったかティムコのバーゲンで100円で買ってきた、ジョルジオ・ベネッキのピンクのラメ入りシェニールが出てきました。
ジュリアナ東京
お下劣
ちょっと派手ですが、ためしにこれを使ってカムイチェップをこしらえてみました。しっぽのラビットの毛皮は近い色がなかったので、あえてクリーム色をあしらってみたのが右のフライ。
オリジナルのカムイチェップとはまるで違う、お下劣なものができてしまいました。が、このテクスチャーと色合いはどこかで見たような……というわけで、このフライを“ジュリアナ東京”と命名しました。

釣れるかなぁ……

コメント

樋口 理さんのコメント:

そうそう。今年もANAのスカイホリデーのツアー http://www.atour.co.jp/fish... を取ろうと思ったら、早々に羽田-中標津のエアーのツアー枠が満席になっていてダメでした。
今年からツアーを始めた、地元の東北海道トラベルに尋ねたら別のツアー枠を持っているらしくすんなり取れました。
これから予約する人は、東北海道トラベルがお勧めです。ご参考まで。
http://www.higashihokkaido....

カード決済できないので、アメックストラベルデスクはまったく役に立ちませんでした(笑)。
2003/8/12 08:19

さんのコメント:

私のバイスは4台とも錆び付いている上に埃だらけなものですから、osamuさんのバイスまで錆びて見えちゃいます。
それにしてもいい生活せいますねえ。 うらやましい。
(ちなみに、忠類川のフライエリアではドロッパーに紅色イカ短冊なんてのを使っちゃいけないんでしょうね。)

それにしても”ジュリアナ東京”!!!
「新宿2丁目」にしたら? あるいは、オシャレに「Sockeye Neighbors」。
(どういう訳か、昔、某社のはがきソフトの商品名を「筆下ろし」と提案して、全員から反対される理由を理解できずに居た女性社員のことを思い出しました。 誰も反対理由を説明しませんでしたが。)

樋口 理さんのコメント:

やや。そこに気がつかれましたか。参りました。

じつは、フラッシュを焚いて撮った写真の紫が紫に見えなかったので、思いっきり補正して赤を強くしたら、バイスが錆び色になっちゃったのです。そこを突っ込んでくる人がいるとは思いませんでした。脱帽です。
念のため、現物は錆びてません。

こんなものにSockeyeの名前を冠したことがチャーマスに知れたら怒られそうなので、Sockeye Neighborsは謹んで返上します (もし爆釣したら、考え直します :-)

だんだん、本当に釣れそうな気がしてきました。今日もジュリアナ東京を増産しています。
2003/8/13 23:48

やぎぬまさんのコメント:

なに、バイスが錆びてない?
ますますうらやましーなあ。 いい生活してるんですね。

ふじもとさんのコメント:

会員向けの雑誌ですが、来月号の「JAF-メイト」と言う月刊誌に、忠類川が紹介されます。

ご参考までに・・・

樋口 理さんのコメント:

ふじもとさん、こんにちは!
JAFメイトって、日本最大の発行部数を誇る雑誌じゃないですか。
すんばらしい!
2003/8/20 16:15

ふじもとさんのコメント:

> JAFメイトって、日本最大の発行部数を誇る雑誌じゃないですか。

そんな事、ぜんぜん気にせずに、「何時でも原稿を書きますから、言って下さ~い」などと、のん気に言ってしまいました!

miyanoさんのコメント:

JAFメイト、読みましたよ!
日本最大の発行部数なんですね。。。
そういえば会員数350万とか書いてました。
2003/9/25 16:59
Host: cl-sv11.cl-net.ne.jp - 211.127.182.3

コメントを書く

関連するかもしれない記事

カラフトマス♂

秋味 [2005年の忠類川]

カラフトマス♂()口元の赤いのがフライ(カムイチェップ)今年の忠類川の鮭釣りの様子を調べたいのか、...

この記事を読む »

カラフトマス♀

Show must go on [忠類川の鮭釣り]

カラフトマスのメス夏休みをいただいて、恒例の標津、忠類川の鮭釣りに来ています。今年はシーズン前半...

この記事を読む »

チャンチャン焼きの材料

標津で食う [ちゃんちゃん焼きの作り方]

忠類川への鮭釣りでいつも泊まっているホテル川畑には、フライの間という宴会用の部屋があって、その部...

この記事を読む »

東京のヤマメもカマドウマがお好き

東京のヤマメもカマドウマがお好き

ちょっと古い記事ですが、ナショナル ジオグラフィックのWeb版、川端裕人さんがいろんな大学の研究...

この記事を読む »

温泉の中のvulnerableな私 [アテンションエコノミーのその次]

あけましておめでとうございます。 なんだかアテンション・エコノミーがリバイバルヒットしてい...

この記事を読む »

ヤマメ

奥多摩のヤマメ

少しでも釣りが上手になりますようにと、週末で時間があるときは早朝に起き出して奥多摩の川にフライロ...

この記事を読む »

標津に来ています [鮭釣り 2006]

遅い夏休みを取って、恒例の鮭釣りのために標津に来ています。 忠類川は、水量、魚の量、釣り人の数...

この記事を読む »

イワナ

ロリコン疑惑 [ちびイワナ]

表参道、伊藤病院の脇を入ったところにあるショットバー、ブールヴァールの吉田さんと、山形県の朝日連...

この記事を読む »

知床の川で鮭を釣ってみたい人のための手引き

知床の川で鮭を釣ってみたい人のための手引き

今年も北海道の川に鮭を釣りに行って参りました。 鮭釣りのお話はこれまでもパラパラとブログに書いて...

この記事を読む »

新バージョンで復活 [サーモン専用フライロッド]

新製品のお知らせです。 忠類川の鮭釣りを知り尽くした、標津の藤本さん(北海道スポーツフィッシン...

この記事を読む »