higuchi.com blog

The means justifies the ends

スターウォーズ予告編の日本語字幕に隠されたメッセージを読む

12月18日公開のスターウォーズの新作。昨日「日本のために作られた」という予告編が YouTube で公開されてネット界隈は盛り上がっています。

いっぽう、海の向こうではこの予告編の日本語字幕をめぐってたいへん興味深い議論が起こっています。
字幕の日本語の敬語表現を読み解くと、もとの英語のセリフからは分からない登場人物の人間関係が浮かび上がってくるというのです。

TIME オンライン版の What We Learned From the Japanese Captions on the New Star Wars Trailer という英文記事から。行きますよ。

Rey is in trouble in the beginning

まず、冒頭でヒロインの Rey に向かって誰か女性の声で “Who are you?” と尋ねる場面。英語の “Who are you?” は、ぶっきらぼうな訊き方ではありますが、人間の上下関係や性別のニュアンスはなく、日本語の「どちら様ですか?」かも「お名前は何ですか?」かも「キミ、誰だよw」かもしれないのですが、字幕は「お前は何者だ?」という極めて高圧的な男言葉に訳されています。

お前は何者だ

これを見た日本人なら「Rey は権力を笠に着た、たぶん帝国のエライ人か誰かに詰問されている」と感じるところ。英語の台詞からは分からない。

Rey is not very rebellious

上の質問は男言葉に訳されているのですが、それに対する Rey の返事 “I’m not anything.” の訳は「何者でもないわ」という女言葉が選ばれています。

何者でもないわ

ここでも、もとの英語には全くなかった性差と敬意のニュアンスが強く出されている、ということは Rey はレイア姫のように帝国に立ち向かう強いキャラクターではなく、むしろ権力側から抑圧されている人として描かれているようだ、と記事では推定しています。

Japanese is frustratingly vague sometimes

ここで記事はちょっと横にそれて、日本語に主語がないことに不満を述べています。

字幕に「目覚めよ」とだけある。これだけでは、目覚めるのが Rey(She shall awaken)なのか、それともフォース(It awakens)なのか分からない、と。

そしてたぶん、これは Rey が彼女自身が持っている力について目覚めると同時にフォースが目覚めるというダブルミーニングなのだろう、と推定しています。そうでしょうね。

Rey and Finn don’t formally meet right away

ヒロインの Rey と Finn が互いに自己紹介する場面。字幕はこうなってる。

Rey「名前は?」

Finn「フィンだ」

Rey「私はレイ」

私はレイ

丁寧語の「お名前」ではなく「名前」という単語が選ばれていること、また、ですます調ではないことから、この二人がお互いに自己紹介をしているシーンではすでに全くの初対面ではなく、これより以前に例えばどちらかが相手を助けるなどして、すでに顔見知りになっていることが推定される、と言っています。
たしかに、英語のセリフからはこのニュアンスはまったく伝わってこないし、完全な初対面の自己紹介だと、こういう物言いはしないですね。

There’s a lot of subtext about family

そして、日本語字幕にはもとの英語のセリフにはない家族の血脈を思わせる表現があちこちにある、と。

ダークサイド側の新キャラクター Kylo Ren が、ダースベイダー卿のヘルメットに誓いを立てる場面、英語は 

I will fulfill our destiny. I will finish what you started.

つまり

私は我々の運命を全うする。私はあなたが始めたことを完結させる

という誓い。

あなたを受け継ぐ

ところが字幕は

これは私の運命

私があなたを受け継ぐ

と「受け継ぐ」という世襲を想起させる言葉が使われ、それに続くタイトルカードでも

いま、世界は受け継がれる。

と、なにかが相続されるニュアンスが加えられています。

One more clue

そして最後のナレーション。

Hope is not lost today, it is found.

希望は失われていない

生まれたのだ

に。

生まれたのだ

希望が「見つかった(found)」から、わざわざ「生まれた(born あるいは reborn)」に置き換わっているのは、どういうニュアンスが隠れているんでしょうね。

逆に日本語字幕にはないニュアンスもある

英語から自然な日本語に翻訳しようとすると、ごく普通の敬語表現の中に、もとのテキストにはなかった人間関係をいろいろ織り込んでしまうということがよく分かって、実に興味深い記事でした。

ところで、この予告編を見ていると、逆に日本語字幕ではもとの英語のテキストが持っていたニュアンスが消えてしまっている部分もあることに気がつきました。

上にも出てきた、新悪役 Kylo Ren の誓いの場面。

日本語字幕では「これは私の運命」となっている台詞、もとの英語は “I will fulfill our destiny” です。「私」の運命ではなく「私たち」の運命。つまり、Kylo は誰かとひとつの同じ運命を共有していて、それをその誰かのために全うすることを誓っているんです。

Destiny と言えば、エピソード5の有名な “I am your father” のシーン。

 

Osamu Higuchiさん(@osamuh)が投稿した動画 -

おあとがよろしいようで。

コメント

まだコメントはありません

コメントを書く

関連するかもしれない記事

20091019-wired1710.jpg

140字しか要らなかったんだが [将来、孫に言いそうなことベスト10]

今月号の紙のほうの Wired に載っていた "10 Best Things We'll Say to Our Grandkids" (将来、孫に言...

この記事を読む »

日米格差 [Blu-Ray 個人輸入]

ネットワーク外部性を巡る戦いで HD DVD が撤退したことで、安心して Blu-Ray を買おうという人も多いと...

この記事を読む »

これは Web のほんやくコンニャクになるかもしれない

これは Web のほんやくコンニャクになるかもしれない

Google の機械翻訳サービス「Google 翻訳」が飛躍的に進化して、一部のみなさんがざわついています...

この記事を読む »

経営の神様を信奉したとたんに経営は止まる [宋さんのメルマガ]

経営の神様を信奉したとたんに経営は止まる [宋さんのメルマガ]

宋さんが深圳で買ってきたというカメラ付きメガネ(想像...

この記事を読む »

AirMac アイコン 

AirMac カードがインストールされていません [MacBook Air 不調]

「AirMac カードがインストールされていません」と主張している今朝、会議中にいつものように MacBook A...

この記事を読む »

どう思う? [How do you think?]

“I feel Coke.”に続き、日本語ネイティブなら誰でもやらかしそうな、よくある英語の間違いシリーズ。 ...

この記事を読む »

時間蝿は矢を好む [機械翻訳]

ここのところ、マイクロソフトのナレッジベース(正しくは「サポート技術情報」。以下、KB)に、はまっ...

この記事を読む »

ネタバレ注意 [140字で分かる難解な映画・小説 ベスト10]

おなじみ Wired 誌から。今年の5月号に "10 Best Head-Scratching Stories, Explained" という小さい記...

この記事を読む »

表示だけ、入力は無し [勝手に予測した Kindle 日本語対応の中味]

昨日の新型Kindle、安くなって、Wi-Fiついて、しかも日本語対応というショックから一夜明けて、件の記事...

この記事を読む »

ひとりよがりな「おもてなし」

ひとりよがりな「おもてなし」

いづれの御時にか、オリンピックが終わったばかりのソウルを初めて訪れて地下鉄に乗ったら、どこで降り...

この記事を読む »