higuchi.com blog

The means justifies the ends

ワンタンの皮でカップを作ろう [お手軽フィンガーフード]

ワンタンカップのフィンガーフード先日、家にお客様をお招きしまして、そのときに作ったフィンガーフードがなかなかよくできたのでご紹介。

今回のテーマ食材はワンタンの皮。どこのスーパーにでも売ってるアレで、オードブルを大量生産します。
簡単で、見栄えが良くて、おいしいですよ。

まず、ワンタンの皮でカップを作ります。

買ってきたワンタンの皮を、マフィン型に入れる。

マフィン型に入れた、生のワンタンの皮

マフィン型は耐熱の型ならなんでもOK。この写真は、シリコンラバーでできた再利用可能の耐熱型。

これをオーブンに入れて180℃ぐらいで焼きます。

焼いたワンタンの皮

焼き上がりを見ながら、きつね色になったら取り出す。だいたい5分ぐらい。

焼き上がったワンタンの皮のカップに、おつまみになりそうなものをどんどん詰め込んで並べるだけ。

今回は、シアトル土産でいただいたスモークサーモンをフィーチャーしてみました。
有名な、SeaBear のスモークサーモン。

seabear.com

ここのスモークサーモンは、よく見る生っぽい薄いスライス状のアレと違って、しっかり火が通った塊状なのが特長。
レトルトパウチで、何年も保存できる。

スモークサーモン

パウチに入っている汁も、うまみたっぷりなので大事に取っておきます。

サーモンの身はほぐして、いろんな食材と一緒にカップに盛りつけます。

まず、軽くソテーして塩こしょうで味付けしたほうれん草と、クリームチーズと、サーモン。ケイパーを乗せて、上からさっきの汁をちょっとかける。

そのほか、今回盛ったのは、

  • トマトとタマネギとピーマンを刻んで作ったゆず胡椒風味のサルサの上にサーモン。ちょっとだけゆず胡椒を乗せる。
  • できあがったワンタンカップの中にカマンベールチーズを入れて、電子レンジで10秒ぐらいチン。溶けたチーズの上にサーモン。
  • いただきものの牡蠣の燻製のオリーブオイル漬け。上から万能ネギの小口切りを散らす。

といったところです。

ワンタンの皮を焼くとき、下の段でついでにこんな物も焼きました。

ポテト

皮付きのままざっくり切ったジャガイモをビニール袋の中に入れて、多めの塩と、オリーブオイルと、ローズマリーとかオレガノとかパセリとかをよくまぶしてから、オーブンペーパーの上に広げて20分ぐらい焼く。超簡単だけど、うまい。

おためしあれ。

 

コメント

まだコメントはありません

コメントを書く

関連するかもしれない記事

ミーティング中

祝・ご入居 [アリ観察 - Day 1]

ミーティング中、失礼します()先日買ったAntquarium(アントクアリウム)にアリを連れてこようと、毎朝ジ...

この記事を読む »

出刃が鯵切りに見える

いただきます [スモークサーモン]

退職して時間に余裕ができるはずだったのですが、逆にいろんな案件が舞い込んできて忙しくなってしまい...

この記事を読む »

小鳥のえさ?

謎のスローフード調味料 [大麦と豆のスープ]

イタリアのお土産に面白いものをいただきました。一見、小鳥のえさにも見える、穀物の乾物が混ざって入...

この記事を読む »

カムイチェップ

神の魚とお立ち台 [鮭釣りのフライ]

今年も9月のアタマに北海道にサーモンを釣りに行けることになり、夜な夜な少しずつフライ(毛ばり)を用...

この記事を読む »

知床の川で鮭を釣ってみたい人のための手引き

知床の川で鮭を釣ってみたい人のための手引き

今年も北海道の川に鮭を釣りに行って参りました。 鮭釣りのお話はこれまでもパラパラとブログに書いて...

この記事を読む »

飽きずに逆アオリ撮影 [箱庭写真・北海道編]

あいかわらず、ときどき D-80 とウクライナ製のティルト/シフトレンズで箱庭写真を撮って遊んでいま...

この記事を読む »

新バージョンで復活 [サーモン専用フライロッド]

新製品のお知らせです。 忠類川の鮭釣りを知り尽くした、標津の藤本さん(北海道スポーツフィッシン...

この記事を読む »

スモークサーモン

いただきもの [スモークサーモン、ベーコン、開新堂のクッキー]

雪深い山形の大井沢から、柳沼さん手作りのスモークサーモンとベーコンが届きました。 北海道・標津の...

この記事を読む »