higuchi.com blog

The means justifies the ends

世界の工場から余剰部品を買う [AliExpress by Alibaba.com]

子供の頃から電子工作の類を趣味にしています。電子工作でいちばんよく使う部品の一つが抵抗器、略して抵抗。いろんな抵抗値のやつを組み合わせてたくさん使います。
電子工作をはじめたころは、必要な抵抗値の抵抗をひとつひとつ部品屋さんで買っていましたが、それだとお金もかかるし、回路の実験中に抵抗値を変えようとするとちょうどいい抵抗が手許になかったりして面倒です。
そのうち、本格的に物を作り始めると抵抗をひとそろい買い置くようになりました。とはいえ、お小遣いも少ないので部品屋さんでまとめ買いするなんてできず、どこかの工場で余った部品を袋詰めにして売っているのをジャンク屋さんから買ってきて、抵抗値ごとに分類しておいたものでした。

私が子供の頃は、日本は世界のエレクトロニクス産業の中心のひとつでして、電子機器を製造する工場なんてのが国中にありました。なので、ジャンク屋さんにも工場から出てくる余り物の部品とかがふんだんにあったし、高校の無線部の部室には近所の大手電機メーカーに勤めるOBが、設計現場で使わなくなった古い規格の部品類を部品ケースごとごっそり「捨て」に来てくれたりして、抵抗をちまちま部品屋さんで買う必要はなかったのです。

オトナになって電子工作をすることも少なくなっていたのですが、最近また半田ごてを握る機会が増えてきて、困ったのは手許に抵抗をはじめとする部品がないこと。
そこで、秋葉原に行ってみたのですが、昔と違って工場からの余剰部品なんかを売っているお店はほとんどありません。あっても古い在庫だったりしていまいち(電解コンデンサなんか、鮮度が重要だしね)。
考えてみれば、電子機器設計や製造の中心はもはや日本にはなく、中国に移ってしまっているわけで、日本国内に余剰部品が出回る由もなし。
それなら、と、中国から品物を直送してくれるEコマースサイトを覗いてみたら、やっぱりありました!さすが世界の工場。ジャンクも放出してます。

Alibaba.com がやっている、中国の工場直送B2B/B2C卸売りサイト AliExpress。そのなかで発見した「mixtrue 1/4 W resistance(total 2500pcs) -Free shiping」。いろいろスペルは間違っていますが、1/4W抵抗器の詰め合わせ。1Ωから10MΩまで50種類50本ずつ入って$21.05。
ほかにも100種類×25で20ドル弱の「1/4W Metal Film Resistor Samples kit 2500pc 100 value, #1034」とか、たくさん出てます。

ためしに上の2500本セットを注文してみたら、1週間でビニールテープぐるぐる巻きのあやしげな梱包で着きました。

これでまたしばらく抵抗は買わずに済みそうなんですが、困ったことがひとつ。
中に入っていた抵抗が、見慣れた誤差5%のやつじゃなくて誤差1%の精度が高い抵抗。カラーコードも4本じゃなくて5本なのです。例えば、1KΩは「茶黒赤(金)」じゃなくて「茶黒黒茶(茶)」。位取りを表す最後から2桁目の色が違います。
桁を間違えそうです。

コメント

ootaharaさんのコメント:

同感です。小生も桁を間違えそうです。
こんど秋葉原に行った時は、あきばおーだけで無く、ジャンク部品が無いのかをラジオデパートとか覗いてチェックしてみようと思いました。
電解コンだけでなく、5年10年経過すると端子が酸化するのかハンダが付かなくなるのも困り者です。
2011/5/8 18:35

もと本屋さんのコメント:

 え!?
 私が現役のハード屋の時だからもう二十数年前になりますが、その当時でも、高精度の金属皮膜抵抗は有効数字3桁でカラーコード5桁表示でしたよ。一般的なカーボン抵抗(P形やソリッド形)は有効数字2桁、カラーコード4桁で、もちろん私も表記の違いに混乱しておりましたが/(^^;)。
 でもその後、米粒くらいのチップ抵抗に代わってしまって、カラーコードもなければ数字表記も小さくて読みづらいか全くない。そんなのをハンダ付けしておりました。
 当時の私の同僚に、カラーコードを全く信じていず、必ずひとつひとつテスターで抵抗値を確認する人がおりましたが、まあこれなら絶対に抵抗値を読み違える事はない訳で、面倒臭いけど賢明な方法だと今では思っております。

樋口 理さんのコメント:

> その当時でも、高精度の金属皮膜抵抗は有効数字3桁でカラーコード5桁表示でしたよ。

ええ。それは知ってます。でも、5桁表示の抵抗なんて使う機会がほとんどなかったので、脳みそが「赤い帯を見たらx.xkΩ」と思い込む仕様になっちゃってまして、混乱しているわけです。
ちなみに、メーカーに入ってからはよほどのことがない限りE12系列の中だけで済ますものだから、E24系列のうちの半分は認識にちょっと時間がかかったりします。
慣れとはおそろしいもんです。
2011/5/11 08:47

ヤマイモさんのコメント:

そうですね。
よく電子工作の雑誌などの書籍やサイトを見るとカラーコード表や語呂合わせでの覚え方が載ってたりしますが、しばらく使ってるうちに「黄紫橙→47k」とか瞬間的に出てくるようになりますよね、それがたまに1%品使うと一瞬考えてしまったり両端が茶色でどっちから…?みたいなこともあったり。
カラーコードといえば赤と橙の区別がつきにくいものがあるのはちょっと勘弁してほしいですね。まあチップ抵抗にどんどん置き換わっていってますが…
2018/9/24 04:39
Host: KD036012016008.au-net.ne.jp - 36.12.16.8

コメントを書く

関連するかもしれない記事

2万円握りしめて真空管ステレオアンプを作った

2万円握りしめて真空管ステレオアンプを作った

私、真空管世代のはしくれです。 家に初めてトランジスタがやってきたのは小学校1年生のときに...

この記事を読む »

組み立て前 

線源がない [ガイガーカウンター組み立て完了]

先日のガイガーカウンター組み立てキットが届いたので、早速半田付けしました。 部品...

この記事を読む »

ついでに1万円握りしめて高級ヘッドホンアンプを作る

ついでに1万円握りしめて高級ヘッドホンアンプを作る

真空管アンプを作っていたら、道草してついうっかり高級ヘッドホンアンプができてしまったお話です。...

この記事を読む »

気持はわかる [アーシングについて考える その1]

大阪の友人が新しく買ったクルマに「アーシング」を試していると聞きました。アーシングというのは初め...

この記事を読む »

iPhoneにガイガーカウンターをジャックインしたでござる [Geiger Bot マイク直結]

iPhoneにガイガーカウンターをジャックインしたでござる [Geiger Bot マイク直結]

先日の「iPhoneがガイガーカウンターになりました」という記事で書いていた、ガイガーカウンターを...

この記事を読む »

測ってみよう [アーシングについて考える その2]

ずいぶん前にイントロだけ書いてそのままになっていたアーシングについての考察の続きです。 考えて...

この記事を読む »

実体配線図 [ガイガーカウンターの改造方法]

実体配線図 [ガイガーカウンターの改造方法]

おなじみ、Chaney Electronic 製ガイガーカウンターキットの改造についてです。 以前にご...

この記事を読む »

G320の電動シートのスイッチ

意外とアナログ [どんどん前にせり出す電動シート]

右の写真は、中古で買ったメルセデスベンツG320の助手席についている電動シートを動かすスイッチ。 ...

この記事を読む »

RT "犬を3びきかっています" [アメリカの2年生、Twitter について語る]

通勤の友、The CNN Daily ビデオポッドキャストから。 アメリカの小学校で、2年生の授業で、文...

この記事を読む »

この抵抗を変える

アノード抵抗 [SBM-20 ガイガーカウンター回路の改良]

共同購入している Chaney Electronics 製のガイガーカウンターキットの回路を眺めていて気になるこ...

この記事を読む »