higuchi.com blog

The means justifies the ends

いただけない [iPod touch のアップグレード]

MacBook Air や Apple TV のネタに隠れてあまり目立たない iPod touch のソフトウェアアップグレードのお話。

発表後、朝一番に iTunes Store で2,480円払ってインストールして使ってみているのですが、この値付けはどうも納得がいきません。既存ユーザーにも無償で提供しろと言っているわけではないのです(そりゃ、タダのほうがうれしいけれど)。しっかりアメリカと同じ価格設定(というか、1ドル120円以上のレート)なのに、中途半端にローカライズされていて日本(というか、たぶんアメリカ以外)では使えない機能がポロポロあるのが悲しい。

たとえば「株価」。日本国内の株価にはまったく対応してなくて、普通の人にはほぼ用なし。

一番期待していた「マップ」は、入力した住所の地図を表示することはできるし、ズームの操作などのUIはとてもよくできている(中島さんの Life is beautiful によると、このアプリはバックエンドは Google Maps だけど、フロントエンドはアップル謹製だそうで。なるほど)のですが、経路探索や渋滞情報表示などは機能のボタンはあるけど日本国内のデータは提供していないらしくなにも表示されません。また、Wi-Fiの電波パターンを使って現在地を測量する機能は米 Skyhook のエンジンを使っていて、同社は日本国内の Wi-Fi 電波のデータはまだ本格的には集めていないので、都心のごく限られた地点でしか使えませんでした。測地エンジンを PlaceEngine に差し替えてくれれば、国内主要都市は幅広くカバーしているし、カバーしていないエリアもユーザーが地点登録して測地できるようになるし、Wi-Fi にネットワークが接続していないときでも測地できるローカルDB機能が使えるし、飛躍的に使い物になるようになるんだけど(フェアに告白しておくと、PlaceEngine を提供しているクウジット社は弊社のインキュベーション先です。我田引水)。

こういう内容だったら、アップグレードせずに Jailbreak したままで Mail とか勝手アプリとかを使い続けてたほうがよかったなあ。今後のバージョンアップと、2月以降のサードパーティアプリ解禁に期待することにします。

コメント

Shogoさんのコメント:

私も米国でTouchを使っています。友人が早速UpGradeしまして、オフィスのWiFiから場所が特定でき驚いていました。しかし自宅のWiFiでは「不明」ではなく数百Mileも別の場所が表示されたとのことで、米国ですらまだまだ精度には問題が多いようです。
というわけで、脱獄中の私は刑務所に戻りたくないので様子見です。

MacWorldのKeyNoteでは、UpGrade費用が$20という金額が発表されたときに、会場が静まりかえったようですね。

樋口 理さんのコメント:

Wi-Fiの測地は、三点測量の原点になっている無数のアクセスポイントがそれぞれ頻繁に移動したり新しくできたり無くなったりするんで、カバーエリアの広さと測定精度を維持するためのデータのアップデートをどうやるかがサービス成功のカギのひとつになりそうな気がしてます。
どこぞの都市地図屋さんとかとの協業なんかできるとおもしろいかも(ひとりごと)。
2008/1/20 09:15

Shogoさんのコメント:

確かにアップデートは重要ですね。例えば、GPS搭載のタクシーと提携して、位置と電界強度を更新するってのはどうでしょう? 都市部の路線バスを使えば、定点定時更新も可能ですね。
そもそも無線LANの電界強度は刻々と変化するので、高い精度は期待できませんよね。変動範囲が距離誤差に与える影響が実用範囲ならOKということですが。

いずれにせよ、将来が楽しみな技術です。うちも以前は面白いベンチャーを集めてインキュベーションをやっていました。

ひろしさんのコメント:

こんにちはひぐちさん

iTouch メール機能はどうですか?
過去使った、小型デバイスのメール機能はどれも少数の最近のメールを外でみる目的に最適化されていて私のようにサーバーにメールを溜めっぱなしの運用をしていると実用性が極端に低下します。(FonFunしかり、SHメール(千件しか扱えない)しかり、WIndows Mobileしかり、オレンジソフトしかり)その点、フラッシュの容量増大期にでたiTouchは期待してるのですがどうなんでしょう。

ひろしさんのコメント:

あと、位置計測の方はPlaceEngine 含めて精度はどうですか?

かつて、GPSベースの携帯が出回る前のこと、PHS(一応マイクロセルですね)や au で基地局の位置を元にした位置計測のサービスがありましたが、キロ単位の誤差が日常で閉口したことがあります。
基地局の位置が正確に把握されているキャリアのサービスだったのですが、結局位置ービスが実用期を迎えたのはGPSのマルチパス補正技術が出た後のことでした。

 基地局位置収集から始めるPlaceEngineによる位置精度で提供可能なサービスがどの程度実用的なのかには興味があります。
 過去の教訓によると十分な位置サービスが提供可能になるには使う人の増加、つまり自立的なエコノミーが必要なのですが、それにはおそらく十分な精度が必要で結局過去の経験によると位置情報を求める人はGPS使っちゃった方が早いような気もしてます。

樋口 理さんのコメント:

メールはまだまじめにIMAPサーバーにつないで使ってみてないのでなんともいえないんですが、Gmailアカウント(これもIMAP接続)につないで2、3分触ってみた範囲では、予想以上にスムーズ。フォルダの扱いもまともそうな直感。
ちゃんと触ってみてからレポートします。

PlaceEngineも、種になるデータは入れておかないと立ち上がりむずかしい感じがします。
精度はいいですよ。都市部だとGPSもビル反射のマルチパスの誤差が出るので、遜色ない感じ。スイッチ入れてから測定できるまでの時間がほとんどゼロなのと、屋内で測地できるのもおもしろいです。あと、フロア識別とか。
五反田で実測してGPSと比較したデータが論文に載ってました。
http://www.sonycsl.co.jp/pe... の7ページめあたり。
2008/1/22 13:16

ひろしさんのコメント:

ためしにPlaceEngine 自宅で位置チェックしたら、5
メートル以下程度の誤差で表示されました。なかなか正確ですね。

確か、昔試したときには当時のパソコンで動作しなかったのですが日々改良されてますね。

ちなみに、隣にソニー様の建物があるからかもしれません。

コメントを書く

関連するかもしれない記事

開発意向表明 [PlaceEngine が iPod touch に対応]

クウジットが、iPod touch/iPhone に対応した PlaceEngine の開発意向を表明しました(リリース文)。 ...

この記事を読む »

XRAINサービスに見る、Webサイトリニューアルのときにやってはいけないこと

XRAINサービスに見る、Webサイトリニューアルのときにやってはいけないこと

国土交通省が整備を進めている「XバンドMPレーダ」による雨量情報の観測網、XRAIN。細かい分解能で精度...

この記事を読む »

20110121-higuchicom-qr.gif

QRコードが米国でも普及のきざし? [2次元バーコード事情]

とあるお客様からのご依頼で、QRコードについてちょっと調べていました。 QRコードは日本のデン...

この記事を読む »

Yahoo!リニューアル記念緊急リリース [NP_SearchedPhrase]

リニューアルしたYahoo!の検索エンジンであるYSTからのトラフィックを調べていて、気がつきました。 ...

この記事を読む »

WriteRoom

持ってけ泥棒 [WriteRoom が今ならタダ!]

スパルタンな全画面モードMac 用のテキストエディタ "WriteRoom"。 Macのアプリって、GUIがオサレで...

この記事を読む »

Nucleus の終わりと始まり [LMNucleus 3.66]

higuchi.com を10数年にわたって支えてきたブログシステムの Nucleus CMS が、開発終了を宣言してし...

この記事を読む »

RockMelt

ソーシャルをブラウズするブラウザ [RockMelt]

セットアップ中。今のブラウザの設定を引き継ぐところ Netscape の生みの親 Mark Andreessen が作った新...

この記事を読む »

○が正解を表すのは日本ぐらいだと思ってかかろう [マルバツ表]

豆知識。 ○×表って、作るじゃないですか。あれ、海外の人が見ると意味が分からなかったり...

この記事を読む »

アップルストアの金額表示 

ローカライズこぼればなし [いろんな位取りとか]

今日の午後、世界的にApple Store のサイトがメンテナンスで数時間閉じていました。 いつも大きな新...

この記事を読む »

Fastweet は iPhone 用の速くて気持ちイイ Twitter クライアント

Twitter ヘビーユーザー専用仕様 iPhone App [Fastweet by glucose]

グルコース初の iPhone アプリ “Fastweet” がリリースされました。 Fastweet は、Twitter クライ...

この記事を読む »