higuchi.com blog

The means justifies the ends

3Dプリンタ不要 [100均の材料で妖怪メダルをハックする]

DX妖怪ウォッチの妖怪メダルをリバースエンジニアリングした記事を書きましたが、リアルお子様たちを見ておりますと、オトナが教えなくても、手持ちの妖怪メダルにボール紙の切れっ端を貼り付けて突起を追加したりして音がどう変わるかとか、いろいろ実験しているようです。記事が子供たちの研究の参考になれば幸いであります。

一方、この記事への反響で、オトナのみなさんからは「3Dプリンタを使ってメダルを作れる」といったようなコメントをちらちらいただきました。
でも昭和の工作少年のなれの果てはそんなの使いません。「作ったぞー」という感じが薄いじゃないですか。

というわけで、100均の材料で、子供といっしょに作る、どんな妖怪でも召喚できるユニバーサル妖怪メダルの作り方。
なんと、零式にも対応よ。

用意するもの

  • おゆまる(ダイソー)
  • エポキシパテ(ダイソー)
  • 紙やすり(ダイソー)
  • 捨ててあった何かの付録のCD-ROM
  • 型を取るための妖怪メダル

型を取る

おゆまる(ダイソーの鉛筆とか消しゴムのコーナー近くにあります)を2切れぐらい沸騰ぎりぎりのお湯の中で柔らかくします。

型を取る台として、つるつるで堅い平面が欲しかったので、捨てていいCDやDVDを1枚用意。

CDの真ん中に型をとる妖怪メダルを、裏面を上にして置き、その上から柔らかくなったおゆまるをしっかり押しつけます。おゆまるがメダルの凸凹にまんべんなく入り込むように。

後で型をひっくり返して樹脂を詰めるときにでこぼこにならないように、押しつけたおゆまるの上の面も平らな板とかいらないCDで押さえて、できるだけ平たくしておくと吉。

おゆまるで型を取る

そのまましばらく放置して、おゆまるが冷えて固まったらそっと剥がします。

型が取れた

型の凹凸を「万能化」する

この型を使ってそのままメダルを作ると、元のメダルと同じ凹凸パターンしか作れないので、型をカッターナイフの先や彫刻刀で改造します。

解析記事にもあるとおり、4段目は0101のパターンで固定なのでここだけはそのまま。

残りの3段は型の溝をつないでしまって一直線の凹型になるように削ります。

万能化した型

これで、全部のビットが出っ張っているメダルの型ができました。

型にエポキシ樹脂を詰める

ダイソーのDIY用品のコーナーに売っている、木材などの補修に使うエポキシパテを用意。

エポキシパテ

エポキシ樹脂のA剤とB剤が金太郎飴状態で詰まっている棒状のパテで、使う量だけ切り取ってA/B剤を練って混ぜると硬化が始まるもの。

この写真のパテ1つでメダル2個半ぐらい作れるので、適量をナイフで切って、指先で60秒ぐらい一生懸命こねて混ぜます。混ぜ方が甘いと、均等に混ざっていないところだけ硬化しなくてボロボロ崩れてしまうので、色むらがなくなるまでしっかりこねる。

こねたら硬化が始まる前におゆまるの型の中に樹脂を充填して、3時間ぐらい放置。

おゆまるの型にエポキシパテを充填

固まったパテを型から取り出すと、全部のビットが凸になったメダルができあがります。いらないビットを削るだけでどんなビットパターンにでも変身できる、STAPメダルとでも申しましょうか。

STAPメダル
これがSTAPメダルだよ。
 

メダルの厚さを調整

エポキシパテは盛りすぎないように。多めに使うとSTAPメダルが厚すぎてウォッチに入りません。
紙やすりで削って厚さを整えてください。
メダルの厚さ調整
厚さが引っかかるのは左右両端だけなので、これまた100均のネイル用品売り場なんかにある使い捨て爪やすりで両端だけ整えてもOK。
 

好きなようにビットを削る

取り出したSTAPメダルは全部のビットが凸、つまり1111になっているので、作りたいビットパターンになるように、いらない凸部分をナイフで削り取ります。
初代DX妖怪ウォッチが認識できる全パターンは前の記事を参照してください。
新しい零式では、初代の224番以降のパターンと、新シリーズとして最初の段が0011から始まるビットパターンが採用されているようです(一つ前の記事参照)。
零式の新シリーズのメダルも、初代と物理的な形やサイズは全く同じで、番号を表すビットパターンが違うだけなので、完全に互換性あります。同じ型から作ったSTAPメダルで作れますよん。
 
お近くに都合よく100均がない方は、こちらから。
 

コメント

まだコメントはありません

コメントを書く

関連するかもしれない記事

おもちゃは自作する世代ですから [妖怪メダルをリバースエンジニアリングする]

おもちゃは自作する世代ですから [妖怪メダルをリバースエンジニアリングする]

大人気のおもちゃ、妖怪ウォッチ。 大きな腕時計型のウォッチにプラスチックの妖怪メダルを差し...

この記事を読む »

新しい解析対象が来た [DX妖怪ウォッチタイプ零式]

新しい解析対象が来た [DX妖怪ウォッチタイプ零式]

本日、新しい解析対象が発売されたようであります。DX妖怪ウォッチタイプ零式。 こんなやつ。 ...

この記事を読む »

ただいま試作中

ただいま試作中 [収納用ダンボール]

またまたしばらくBlogをほったらかしていたら、サイトがすっかりアメックスセンチュリオンカードの話題...

この記事を読む »

RT: @saitokoichi 後ろめたくないようなので…… [ストリートビュー撮影車へのナイスな提案]

と、まあ下のようなことを書いた後で、移動中に Twitter を見ていたら、@saitokoichi さんがこんなこと...

この記事を読む »

Twitter プロモーションは恋愛に似て [UCC キャンペーンの改善私案]

昨日、週明けのオフィスで、金曜日から週末にかけて起こった UCC さんの Twitter プロモーションで起こ...

この記事を読む »

親切と犯罪は紙一重 [Webサイトの脆弱性]

企業や団体のWebサイトの、登録してある個人情報などを盗み出せてしまう恐れがあるなどのセキュリティ上...

この記事を読む »

クレードル

ハードウェア・ハック [nav-u (NV-U1) を走行中でもメニュー操作可能に改造してみた]

クレードルの端子にテープを貼ってみた発売直後から愛用しているソニーのポータブルナビ 「nav-u」 NV-U...

この記事を読む »

フルオーダーシャツ20ドルから [moderntailor.com]

フルオーダーシャツ20ドルから [moderntailor.com]

上海仕立ての$20オーダーシャツが届いた本田さんがときどきツイートしているのをみて気になっていた、上...

この記事を読む »

ラテ欄がなくなる日 [コンテンツのアンバンドル]

昨夜、元ゲーム機業界の風雲おやじ(今月号の雑誌「選択」参照)で、今は音楽レコードビジネス人として...

この記事を読む »

Allen Carney(TシャツはBoston Red Sox)

Let's go Red Sox! [東京ドームとFenway Park]

私がロータスに勤めていた頃、ボストンの米国本社でマーケティングのボスだった Allen Carney が、お嬢...

この記事を読む »