higuchi.com blog

The means justifies the ends

がんばれオヤジ [ちょいモテ?]

Yahoo!のトップページに「ちょいモテ仕様車に多香子」というニュースの見出しが出ていました。
日産自動車が名車スカイラインクーペを雑誌「LEON」、伊勢丹新宿店メンズ館とのコラボで“ちょいモテおやじ仕様”に改造。元SPEEDの歌手で女優、上原多香子(23)が「クーペの助手席に乗せたい女性」として28日、東京・新宿パークタワーホールで開かれた同車のお披露目イベントに出演した。
というサンケイスポーツからの記事でした。
このLEONっていう雑誌、現物は読んだことがないんですが中吊りなどを見ている限りでは、どうも好きになれません。
つまるところ、オヤジを「君は小僧と違って可処分所得が多いんだから、その金をおいらの言う通り使えばモテるぜ」とたきつけて、ちょい高めの服や靴やアクセサリーやクルマを買うように仕向ける広告媒体なわけです。それはそれでメディアビジネスとしては正鵠を射ていると思いますし、実際に広告は高く売れているようでご同慶の至りです。
ですが、とにかく悲しいのは、世の中にたくさんいるであろうこの雑誌の愛すべき読者さん。モテたい一心でこの雑誌を金科玉条のようにあがめ、馴れないスーツや腕時計を買い集めて、家でこっそり悪ぶったオトコのイメージトレーニングを重ねているであろう中年オヤジの姿は、想像するだに痛々しい。痛すぎる。

ところで、去年からずっと気になっていたんですが、この「ちょいモテ」って間違ってない? LEONの中吊りに「ちょい不良ワル」っていうのが書いてあって、「なるほど、ちょっとワルっぽく振る舞ってるのがオンナゴコロをくすぐるのだっていう論法か」と納得していた記憶はあるのですが、「ちょいモテ」ねぇ。ちょいとだけモテるんでいいのかなぁ。オヤジは、ちょいとだけじゃなくて、大モテしたいんじゃないかなぁ。

マニュアル雑誌の言うがままに、小僧への対抗心をたきつけられ、“渋派手”なスーツやら“渋リッチ”なクルマやらをしこたま売りつけられたあげく「ま、ちょいとだけモテた気分が味わえたから十分でしょ?」なんて斬り捨てられてしまうんじゃ、いくらオヤジだって可哀想だと思うのです。オヤジを馬鹿にしてる。

LEONオヤジたちよ、立ち上がれ。君らには可処分所得の神がついている。「ちょいモテ」なんて小さな事で満足してはいけない。志を大きく持って「モッテモテ」になるまでLEON様の教えに従って渋くていいモノを買いあさるのだ。
がんばってください。オヤジの一人として、応援してマス。

コメント

catpawさんのコメント:

LEONに対してくすぶっていた私の気持ちをここまで表現してくださってありがとうございます!
LEONのように頑張って「ちょいワル」を極めたとしても、あれかなり暑苦しいファッションだと思うのですがいかがでしょうか。想定として「オヤジの肌は脂ぎってなくちゃダメ」みたいなのがあるような。いくらワルでもギトギトは嫌なんじゃないでしょうか、若い女子は。
「ちょいモテ」ってすっごく生殺しな感じがしますね。この定義が「モテの濃さ」に対するものだとすると、今までの位置づけでいう「いい人」と何が違うのでしょうか。頻度の問題だとすると、2年に一度くらいロマンスがある感じ?それは告白されるとか、食事に行ける女子を囲えるとか、もしくはすっかり愛人とか。男性にとって「モテる」ってどのランクを言うのでしょうか?
そんなかんじで曖昧な「ちょいモテ」ですが、「俺、モテモテは無理でもちょいモテならいけるかも」(ワルも同じ)てなかんじで男性心理をくすぐるのでしょうね。そう考えると、男性って女性より奥ゆかしいです。あれだけ金かけて目指すは「ちょいモテ」なんて。女性ファッション誌は高みだけを見ています。手の届くところなんて、見てないし。

樋口 理さんのコメント:

あー、そうそう。ヘビの生殺し。こういうの、なんかうまい表現があったなーと思いながら出てこなかったのだ。さすが文壇の人は違う。

でね、「いい人」と「ちょいモテ」の違い。思うに、「いい人」は本人にも所詮自分は「いい人」なんだという自覚とあきらめがあるんだけど、「ちょいモテ」はその哀れさを最後まで本人に気付かせないように設計されてるですよ。メッセージとして持続性があるの。サステイナブルなFad。そこが、いやらしい。

たしかに、オトコは奥ゆかしいのかもしれない。LEONと対をなすNIKITAさんの中吊りは「コムスメには負けない艶女」とか「乳間に光るネックレス」だもんなー。えぐい。手近に火炎放射器があったら焼き尽くしてしまいそうなぐらい、えぐい。
2006/3/2 12:13

Yaginumaさんのコメント:

オヤジの奥ゆかしさを分かってないなあ。
「ちょいモテ」で御の字なんです。 「大モテ」なんてどうあがいても無理なんですから。
でも、新橋の飲み屋辺りで会社の女の子を相手にナケナシの教養や知識を披露しているオヤジなんて好きですね。 しかも、帰りにはこっそりと領収書を貰ったりして、これぞ「ちょい不良」オヤジってなもんです。
で、本人は「ちょいモテ」たつもりで喜んでるんですが、財布の中身も領収書も女の子にはバレバレなんですね。 まさにLEONの世界、いいなあ・・・。 ちなみに、「サライ」も好きです。

樋口 理さんのコメント:

柳沼さん

そういうもんなんでしょうかねぇ。オヤジ道は奥が深いなぁ。あたしゃ、まだまだ修行が足りません。
2006/3/4 13:34

テキサス ロングトークさんのコメント:

 こんばんは^^
要するに小金 持ってる親父が女にモテようとして
四苦八苦しているという、もの悲しくも滑稽にも
思えてしまうのは私だけでしょうかね〜

LEONに出てくる肌がやたら汚ねーおっさんて
マジ、あんなのモテる訳ないって。

親父がモテる法則は唯一、ファットなウォレットが
モテているので有り決して本人がモテているのでは
無い! なぜ 気がつかないんでしょwww

オシャレしなくてもいいんですよ おっさん!
あんたに必要なのはファットなウォレットだけ。

ちょい悪なんて止めて頂きたいっす。
三つ子の魂なんとやらで、親父になってから
不良の真似?こいてもカッコ悪いよ!

本物の不良ってしらないんだよね 多分。
私がスリーパーでもかましてそんな親父達に教えてやりたいすっす。

不良ってソウルなんだよね!
カッコだけつけてたら そのうち親父狩りにでも
会うぜ・・・てか 会った方がよろしい。

コメントを書く

関連するかもしれない記事

ガチャポン

ガチャポン [ネットで井戸を買った男の話]

昔とてもお世話になった方が亡くなってしまい、今日が告別式。朝から袱紗もみつからず、文字通りとるも...

この記事を読む »

うずら

かに くじら ふぐ [麻布十番・うずら]

麻布十番というところは、本当に奥が深くて、掘れば掘るほどどんどん不思議なお店が出てくる感じ。これ...

この記事を読む »

ぬるま湯につかった商売 [丸の内昼食事情]

丸の内三菱村界隈は言うまでも無くオフィス街で、ビルの中はオフィスばかり。一部のビルの地下は飲食店...

この記事を読む »

「グローバル」は楽じゃない [Political Correctness と Accountability]

伊藤忠の社長さんが雑誌プレジデントのWebサイトに書いた“「イクメン、弁当男子」は、なぜ出世...

この記事を読む »

ちょいワル? [平松さん]

ちょいワル関連ネタ、もういっちょ。 有楽町のガード下、ガイジンさんで賑わうAndy's Barこと新日の...

この記事を読む »

アテンションの行方 [Newsweek誌の廃刊]

アテンションの行方 [Newsweek誌の廃刊]

報道によりますと、米 Newsweek 誌が今年いっぱいで紙の雑誌の刊行をやめて、オンラインデジタル版に...

この記事を読む »