higuchi.com blog

The means justifies the ends

無駄遣いになりませぬよう [義援金の行き先]

震災義援金の送り先をまだお悩みの方もいらっしゃると思いますが、よいまとめを見つけましたのでご紹介。It's Real Intelligence! 7 というブログの「どこに寄付をしたら、どこにお金が行くのか」という記事。
  1. 集める組織が運用コストなどを差し引かない(ピンハネされたくない)
  2. 被災地で本当に援助を必要としている地域や人に確実に届くよう配分先を考える機能がある(自分ではどこに届けるのがいいか判断できるだけの情報がない)
  3. 信頼に足るクレジットがある(安心できる方がいいに決まってる)
という3点を考慮して、私の現時点でのお勧めは日本赤十字社Think the Earth 基金あたり。
税金の寄附金控除が気になる方は前者、信頼できるNPO/NGOを通じたよりダイレクトで有効な投下を期待したい方は後者という感じでしょうか。 義援金の送り先は本当に悩ましいのです。
私が役員をしている某社でも早々に義援金を送ることを取締役会で決議したのですが、そのときに神戸の震災で被災した経験のある役員から「本当に困っている人にお金が届かないのが義援金の実態です。ステークホルダーから預かったお金を責任もってつかうなら使用先を限定したい。」という指摘がありました。
なので、組織に預けた義援金がどこにどう使われるのかは、よく調べて、また預けた後もちゃんと監視することが重要かと。

ところで、各社が支出した義援金の金額を調べて「ランキング」などと名付けて公表する向きもあるようですが、義援金ってそんなものじゃないと思いますね。そんなのに惑わされず、自分の心の痛みと懐具合とをよーく考えて、分相応に痛みを分け合おうと改めて思いましたです。はい。

コメント

まだコメントはありません

コメントを書く

関連するかもしれない記事