higuchi.com blog

The means justifies the ends

Wheel+Shovel=Wovel [雪かき]


Wovel
雪が深い地方の雪かきのご苦労は、暖かいところに住んでいる者には想像を絶していて、この季節に現地にお邪魔すると本当にびっくりするわけです。
一晩に何十センチも積もったりするので雪かきは欠かせず、道路は除雪車や重機で巡回して片付けるとしても、自分の玄関先から道路までは各自が毎日なんとかしなければならないんですね。
湿った重たい雪の塊を片付ける作業は重労働で、「こんなのを毎日やっていたら腰痛とか通り越して健康になっちゃうんじゃないか」と笑い飛ばすしかないですね。

で、そんなご苦労をなさっている方限定。先日の CNN Daily で紹介していた Wovel という商品。発売元のWebサイトによれば“World's Safest Snow Shovel!”、つまり世界一安全な雪かき。 映像を見れば一目瞭然。猫車とママさんダンプが合体したみたいなものですが、CNN の Heidi Collins のコメントによると「普通の雪かきシャベルより2倍速く雪が片付いて、背中(腰)への負担はぐっと少ない」と。

見たところ、いかにもアメリカンなけっこう頑丈そうな作りですけど、あのあたりの重たい雪でも楽々と片付くんだろうか。
amazon.com では 80ドル弱(The Sno Wovel Wheeled Snow Shovel (END OF SEASON SALE!!!))。でも、転送サービス使ったら送料がものすごいことになりそうだなあ。

コメント

はっちさんのコメント:

これはすばらしい…。氷割り機能もあると嬉しいですね。雪かきも大変なんですけど、凍ってしまったところを割るのも大変なんですよね…。

やぎぬまさんのコメント:

いやあ、笑っちゃいました。 これは素晴らしいですね。
私の住んでいる村でこれを使ったら大受けすること間違い無しです。 地方のテレビ局だって取材に来てしまいそうです。
しかし、カッコ良く使いこなすにはかなりの身長と体力が要求されそうですね。
ちなみに今日現在の当地の積雪の深さは2m弱です。 この季節にしてはかなり少ない方です。 

コメントを書く

関連するかもしれない記事

情報オーバーロードの図

ぢょしこうせいだって悩む [情報のオーバーフローとメールの限界]

先日、軽井沢に向かう新幹線で、たまたま高校生ぐらいの二人連れの女の子の隣の席だったのですが、その...

この記事を読む »