higuchi.com blog

The means justifies the ends

グロ注意 [原発近辺にいる奇形昆虫の美しいイラスト]

<%image(20100519-cornelia1.png|316|465|シリアゲムシの奇形)%>

Wired誌の記事で見つけた、スイスのコーネリア・ヘッセ=ホネッガー (Cornelia Hesse-Honegger) という女性科学イラストレーターさんの作品。

この方、チェルノブイリ原発の事故の後、現場近くで見つかる昆虫(特にカメムシ)の奇形を、緻密な科学イラストで描き続けているらしい。
チェルノブイリはともかく、普通のそこらの原子力発電所の近くでも昆虫の奇形はわりと頻繁にあるらしくて、そのショッキングな姿を描きためていらっしゃいます。

ご本人の公式サイトから、いくつか引用してきましたのでご覧ください。

<%image(20100519-cornelia2.png|316|465|左眼の奇形)%>
スイス、ミュンスタータルの原発付近にいたカメムシ。左眼が奇形、というか、複眼がウニになっちゃってますよ。

<%image(20100519-cornelia3.png|316|465|Squash Bug)%>
ドイツ、グンドレミンゲンの原発付近にいたハバヒロヘリカメムシ。左頭部と左触覚の奇形。

<%image(20100519-cornelia4.png|316|465|Scentless Plant Bug)%>
スイス北部、アールガウ県ビューレンリンゲンの原発付近にいたアカヘリカメムシ。左のさやばねの奇形で、なんだかわけの分からない形になってます。

<%image(20100519-cornelia5.png|316|465|Pentatomidae)%>
フランス、ラ・ハーグの核燃料再処理工場付近にいたカメムシ4匹。羽の奇形。

と、まあ、こんな感じ。
公式サイトには、もっとたくさんの作品が並んでいるので、ぜひ覗いてみてください。

昆虫は生育上の奇形が比較的多いという話を聞いたことがありますので、すぐに低レベル放射能の影響と決めつけるつもりもありませんし、声高に「原子力エネルギー反対!」とか騒ぐのは本意ではありません。でも、いろいろと、もやもや、むずむずな感じです。

コメント

センター長さんのコメント:

日本では、原発から漏れだす放射線による被曝より、医療被曝の影響の方が大きいと思います。

ootaharaさんのコメント:

奇形でなくても、グロく感じました。
写真であってもコラージュできますが、イラストでしたらいくらでもコラージュ出来ますので、写真で記録した方が良いのでは、と思いました。

原発の近くで調査するのは問題ありませんが、原発から遠い場合と近い場合の発生確率を統計的に調査している訳では無いので、意図を感じました。
2010/5/19 18:01

樋口 理さんのコメント:

> 日本では、原発から漏れだす放射線による被曝より、医療被曝の影響の方が大きいと思います。

へえ。そうなんですか?それは剣呑ですねえ。センター長、お仕事柄、だいじょぶですか?

> イラストでしたらいくらでもコラージュ出来ますので、写真で記録した方が良いのでは、と思いました。

んー。それはどうでしょう。科学イラストには写真と違う意味があると思いますよ。写真と違って、対象物の特徴を恣意的に抽出して一般化とか抽象化できるから。図鑑が写真だけじゃなくてイラストに頼るのと同じ理由で。
なので、これはこれで、ありだと思います。
2010/5/19 19:31

コメントを書く

関連するかもしれない記事